多額の費用で愕然、そんな葬儀や結婚式とはもうオサラバ!

最新記事

  • eyecatch3

    看護師さんの大変さを思う 私の妹は、看護師の免許を持っています。 実際に看護師にはならず、免許を生かした別の職 …

    看護師はとても大変な職業

  • eyecatch2

    社会人でも学び直せる!通信制高校のすすめ 通信制高校とは学校へ直接行かずに自宅で勉強し、試験などの時に学校など …

    通信制高校のフォローについて

  • eyecatch1

    冠婚葬祭は人類を人類たらしめる基本です 約6万年もの昔から、人類は人の死を悼み葬儀を行い弔ってきたと言われてい …

    人の葬儀の慣習と偲ぶ気持ち

日本の様々な葬儀スタイルについて

日本の葬儀スタイルは千差万別

画像

葬儀と一言で言っても、その様式は色々あります。
まずは宗教ごとに葬式の様式が違います。
日本なら一般的にはその家の信仰するお寺の住職の方がこられます。
海外ならその形態にとらわれず、その地域のならわしにしたがって葬式を行います。
火葬もあれば土葬もあるし、故人が散骨を希望すればそれに従います。

葬儀屋さんが行ってくれるのはごく一般的なスタイル

日本では、一般的に葬儀屋で葬式をすることが多いです。
設備の整った会館などで御通夜や葬式、出棺までを行なってくれます。
費用もピンからキリで、装飾を豪華にしたり、弔問客が多く、会場を広くすればそれなりの費用になりますし、親しい人だけで葬式をとり行う場合や装飾を派手にしなければ、費用は抑えることができます。
この新しい葬儀のスタイルは家族葬と呼ばれています。

地域によっても葬儀の方法が異なります

後、田舎ではまだ故人の自宅で葬式を行う地域もあります。
人が亡くなり、本来ならば別れをゆっくりと過ごしたくても、家族は葬式の手配に追われるのが現状です。
友引なら御通夜は延期になるのでその費用もかかります。
そうでなければ午後の遅い時間に亡くならない限りは、その日のうちに御通夜を行い、次の日は葬式になります。
葬式が終わったあとも親族は、遺品整理や片付けなどに追われます。

私自身も葬儀の進め方に戸惑いました

私も以前祖父母が亡くなった時、急いで実家に帰り、御通夜の用意をしたり、次の日の葬式の用意に追われました。
祖父母の顔を見れたのは、帰って棺桶の中に眠っている姿を拝み、葬式の時に御焼香の際、顔を見る程度でした。
それほど、血の繋がりが深い人が亡くなると、家族は大変なのです。
でも、亡くなった家族にしてあげられる最後のことだと思うと、一生懸命送り出してあげようと頑張るのです。
葬式のスタイルはみな様々です。
しかし、故人を悼み、悲しむ気持ちに変わりはないのです。