人の葬儀の慣習と偲ぶ気持ち

冠婚葬祭は人類を人類たらしめる基本です

約6万年もの昔から、人類は人の死を悼み葬儀を行い弔ってきたと言われています。
現代においては宗教的な儀式であり、マナーや作法や人間関係を気にして参列してしまいがちですが、本来ならば死者を偲ぶ気持ちが自然発生的に行わせていた行為であるはずです。
イラクの洞窟で見つかったその古代の葬儀跡が、それを証明してくれていると言っても過言ではないはずです。
そのため、多種多様な慣習が現代にもなお伝承されているのです。

日本には日本の葬儀スタイルがある

友引の日に葬儀を行わないといった全国的に有名なものから、丸いおむすびはお葬式で出されるので普段は三角か俵型でないといけないといった局所的な慣習まであり、様々です。
特に死生観というのは宗教的な影響を多く受けるため、日本に古来からある仏教や神道だけではなく、土着の宗教が存在してきたことが、地域ごとの多種多様な慣習の由来であると考えられます。
つまるところ、あるコミュニティーで暮らしてきた死者を弔う気持ちの寄り集まりから、自然発生的に起こったことが、弔いの気持ちを表す方法であるとして伝承されてきたのではないかと考えることが出来るのです。

昔と今では葬儀スタイルも変化しています

例えば日本の古代では「もがり」と言って死者をそのまま安置していた期間がもうけられていましたが、現代ではその期間を省略し通夜を行っているといった具合に、時代に則して変化させているものもあります。
さらに通夜では線香の火を絶やさないようにといわれてきましたが都市部では消防署の指導により夜間は遺族を帰すように決められている式場も存在します。
ではこのような変化で偲ぶ気持ちが変わるかといえばそうではありません。
弔いの根本である、遺された者たちの気持ちは何にも揺らがないものです。