通信制高校のフォローについて

社会人でも学び直せる!通信制高校のすすめ

通信制高校とは学校へ直接行かずに自宅で勉強し、試験などの時に学校などへ行き試験を受ける学校です。
他の高等学校は、学校へ行き授業を受けて仲間と共に運動会や清掃活動といった色んなイベントの中様々な経験をして育っていく機関です。
しかし他の高等学校とちがって、そういった様々なイベントはなく、仲間と共に活動をする機会はありません。
通信制高校のメリットをご紹介していきます。

通信制高校を選んだからこそのメリット

通信制高校は、色んな家庭の事情がありなかなか学校へ行きたくても行けない方に向いています。
また色んな理由で高校に行ったことがなく、成人になってから行きたくても仕事などの理由でなかなか学校へ足を運ぶことができなかったり、年齢差のギャップがありなかなか学校へ行けない方にも向いています。
最近では他の生徒とはなじめなかったりして、行こうにも行けない方へ高校進学の手段としても利用しています。
このような様々な理由や悩みを持つ方へ、学習や将来大学へ進学するといったフォローをしています。

学習を進めていく上での難しい点・デメリット

しかし学習をしていく上で、直接先生と授業が受けられない分自分自身の学習時間の配分が日々必要になってきます。
最近ではテレビなどのメディアを使って、授業をする学校も増えてきていますが、やはり自分自身の時間配分が必要になってきます。
毎日この時間に学習していくと決めておかないと、結果として学習できず、テスト等の試験日があっときてしまいます。
他の高校学校でも、家に帰ったら宿題のみで学習しない方もいますが、通信制だと授業も自分で受けなければ全く頭にも入ってこないどころか学習を全くしていないことになります。
しかし学校では学習時間をしっかりと毎日取れるように、先生と直接面接を行ったり、レポートといった形で宿題を提出してもらったりといった学習としてのフォローをしています。